実践編【ちびむすドリル英語】さんの【絵で覚えるフォニックス(カード)】を子供と実践する方法紹介します。

こちらの記事は、手作り英語教材で英語指導をしたい、パパ・ママ必見!!
使用教材対象者(お子さんの英語レベルと年齢)
✔レベル:はじめて~初級者(英語の音にまだ慣れていない)
✔年齢:ママと一緒に英語に慣れ親しむ目的であれば、0歳~
✔英語の音学習として知育的に利用するのであれば、幼児~小学生

今回の記事がはじまる前に!! ーお知らせー
以前教室で利用していたELGオリジナル英語レッスン動画をYouTubeで無料配信しています。 まだ、ELG英語無料レッスン動画のyoutubeチャンネルを視聴した事が無い方は、こちらをご確認ください。↓

 
 

 

 

AKIKO先生
AKIKO先生
 

こんにちは。英語講師のAKIKOです。今回は、無料で使用できる英語学習・指導用教材、「ちびむすドリル【英語】」さんの「絵で覚えるフォニックス(カード)を実際に利用して、お子さんに英語を教えて見ましょう。記事を書いているこの先生はどんな人? → こちらをご覧ください♪

「ちびむすドリル」とは

ちびむすドリル」とは株式会社パディンハウスさんが制作・運営を行っている、知育学習のオリジナルコンテンツサイト。保護者や先生方が1日に5万~8万人も訪れて利用している人気サイトです!! 

提供されている教材プリント総数はなんと2万枚以上だそうです。幼児~中学生までを対象としており、特に幼児と小学生の知育・教育に役立つ内容が盛りだくさん!

教科としては、国語・算数・理科・社会・英語・音楽の教材を提供されているようです。(2021年現在)

絵で覚えるフォニックス(カード)を準備しよう!

まだカードを作成していない方へ!! ーお知らせー
ちびむすドリル【英語】さんより、無料でダウンロードできる絵で覚えるフォニックス(カード)をまだ作成していない方は、こちらから、作成手順がご確認いただけます。↓

既に作成済みの方は、お手元にちびむすドリル【英語】のフォニックスカードを準備してください♪

実際に使ってみましょう!!

今回は、気軽に、どこでも、隙間時間に使用する為に、携帯電話の利用を想定して今後の流れを紹介していきます。
  • step1
  • step 2
    ちびむすドリル【英語】のサイト内の「フォニックス教材」をクリック
  • step 3

    「【音声を聞く】アルファベットの名前と基本の発音」をクリック

  • step 4
    「子音A-Z(アルファベット)と英単語の発音を聞く」の中から聞きたいアルファベットをクリック
  • step 5
    再生ボタンをクリックして音声を聞き、お子さんと一緒に発音する。

それでは、画像を見ながら一緒に始めましょう。

まず、step1携帯電話を利用してちびむすドリル【英語】のサイトへ!(←こちらをクリックするとサイトへ行けます。)

続いて、step 2 ちびむすドリル【英語】のサイト内のフォニックス教材」をクリック

次に、step3「【音声を聞く】アルファベットの名前と基本の発音」をクリック

次は、step 4「子音A-Z(アルファベット)と英単語の発音を聞く」の中から聞きたいアルファベットをクリックします。

まず、こちらの画面が表示されます。

↓スクロールダウンします。(画面の下の方へいきます。)

すると、「子音A-Z(アルファベット)と英単語の発音を聞く」の画面が表示されるので聞きたいアルファベットをクリックしてください。

最後のstep 5再生ボタンをクリックして音声を聞き、お子さんと一緒に発音する」は、私と幼児に見立てたジョージくんと一緒に実践してみましょう。

お子さんと実践

まず、お子さんが幼児または、小学校低学年であれば、ママの膝の上に乗せてあげてください。そして、フォニックスのカードをお子さんに持たせ、ママも一緒に片手を添えてあげます。

✔ お子さんがカードを持てない年齢→ママの顔の横でカードを見せます。※お子さんは、ママの顔と一緒にカードを見ます。

✔ お子さんがカードを持てる年齢→お子さんに自分でカードを持たせる。※お子さんの視線はカードに向きます。

そして、ママのもう一方の手は、カードの絵やアルファベットの文字を指さします。

ここで質問をしてあげてください。目的は、1)カードに描かれているイラスト名称を覚えることと、2)カード上のアルファベットの音名前を覚えることですよね。ですので、日本語で、
 
ママ「これなーんだ。」
子供「やじるし」
ママ「そうだね。」
ママ「これは?」
子供「エイ」
ママ「ふーん」
ママ「じゃあ、この音は知ってる?」
子供「分かんない!」
ママ「じゃあ、聞いてみよう」
 
と日本語でのやり取りをしてから、実際に音声を聞いてみるのでも良いと思います。もしくは、次の項目で紹介する英語のフレーズで、お子さんへ話しかけてあげるのも良いと思います。
 
お子さんの反応を見て日本語で進めるか、英語で進めるか決めても良いと思います。英語の音に慣れるまでは、ママから英語で話しかけられる事を嫌がるお子さんもいらっしゃいますので。
言葉がまだ話せない幼児に教えたいのであれば、日本語では無く、英語で話しかけてあげてください。赤ちゃんはお母さんの表情と音を感じとります♪
ポイント!!
お子さんに話しかけたり、会話をする時に大切な事は、ただ日本語や英語の音を聞かせるのではなく、同時に、カードを指さしたり、ジェスチャーを交えて話す事です。例えば、
 
 
このカードを使用する場合は、矢印を指さして「これなんだろう?」という、首をかしげるジェスチャーをしたり、Aの部分を一緒になぞってみたり、Aを指さして首をかしげて「これは何?」というジェスチャーをしたりします。

英語で話しかける6フレーズ+おまけ1

では、先ほどのママが日本語で語りかけた内容を、英語のフレーズにしてみましょう。音声付きで紹介させていただきますので、是非、音声を聞いて真似をして、英語のイントネーションお子さんに話しかけてあげてくださいね♪

お子さんが日本語で返答しても、このやり取りの場面では英語で話すことを強制しません。
※音声は音読さんを使用しています。

Mom: ”What’s this?“「これなーんだ。(矢印を指さして)」
Mom: ”Yes, that’s right.“「そうだね(👍の手の形を見せて)」
子供:「エイ」

Mom: ”hmm“「ふーん」(あまり反応せずに次の質問へ移ります。←正しい音声をこれから聞かせる為。)

 

Mom: ” Then, do you know this sound?”「じゃあ、この音は知ってる?(Aを指さして)」
子供「分かんない!」
Mom: ” OK, let’s listen to the sound then.“「じゃあ、聞いてみよう」
 
<おまけ・少し違う言い方>
Mom: “What do you think this is?“「これなんだと思う?」(”What’s this?”と聞く代わりにこちらのフレーズで聞いてもいいですね。)

Step 5 実際に音声を聞いて覚えよう

では、いよいよ。お子さんと一緒に音声を聞きましょう。私も、ジョージくんと一緒に音声を聞いてみます。 

step 4で、「子音A-Z(アルファベット)と英単語の発音を聞く」の画面が表示されているので聞きたいアルファベットの「A」をクリックしてください。

すると、大文字と小文字のAが表示されるので、今回は上の大文字Aを使用します。大文字Aの下に再生ボタンがあるのでそちらをクリックしましょう。音声が聞こえます。

”A [eɪ], a [æ], a[æ], arow [æroʊ]”と音声が確認出来ましたか?

ここで聞こえてくる音声の真似をしながら、アルファベットの音と名前カードに描かれているイラストの名称を覚えていきましょう。

アルファベット名前については、【保存版-Phonicsレッスン】からご確認いただけます。

ポイント!! 英語学習は、耳からの学習が一番大事です♪

このように、アルファベット26文字×2セット(大文字・小文字)の合計52枚のカードを、全て聞こえてくる音を真似しながら覚えちゃいましょう!!

アルファベットの名前と音(フォニックス)の発声方法が良く分からない場合は、私とGary講師が作成した無料動画【保存版-Phonicsレッスン】内の「Phonicsレッスン内容一覧」から、調べたい音を確認し、対応する動画をご覧ください。フォニックスレッスン内で発声方法をご確認いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本語と英語の音には違いがありますよね。その違いを身につけることが、英語学習の基本となります。文字だけを覚えさせるのではなく、音と形(文字)をセットで覚えさせてあげましょう!!

ママが携帯電話を使用して音声を✔しなくても、お子さんが1人で学習できる市販のカードを利用してもいいですよね。※英語初級者が使用するカードは発音を聞きながら覚える必要があるので音声付のものがおススメです。おススメの英語カードはこちら。↓

 

AKIKO先生
AKIKO先生

最後まで、読んでいただきありがとうございました。こちらのカードを使い、音学習が進んだら、次はカードゲームで楽しみましょう。どのように使用するかという使用方法記事も作成しますのでお待ちくださいね。

最後に、パパ・ママのブレイクタイム

手作り教材
是非、皆さんとシェアしてください!!
AKIKO先生をフォローする
AKIKO先生

ハワイ大学で、言語学と第二か国語教授法を学びBA取得。小学校英語指導者認定資格、幼児英語指導インストラクター資格保有者。英語は楽しい!! 是非、楽しみながら英語を身につける指導方法を皆さんとシェアしたいです!

AKIKO先生をフォローする
パパ・ママ英語教えて!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました