お子さんの英語講師選びに迷われた時は、こちらをご覧ください!!

【実践:全ステージ終了】カランメソッド:レベルチェックで落ち込む必要がない理由とは?

こちらの記事は、大人向け【カランメソッドのレベルチェック】を受けようか迷っている。又は、受けたけれど、Stage1判定でがっかりしている。そのような、
パパ・ママ向けに書きました。
 ✔年齢:大人 ✔レベル:初級者~上級者
AKIKO先生
AKIKO先生
 

こんにちは。英語講師のAKIKOです。

カランメソッドに興味がありstage1~stage12の全レッスンを【ネイティブキャンプ】で受講してみました。今回は、カランメソッドのレベルチェックがStage1判定でも気にしないで!!という内容の記事を書きました。この記事を書いている先生はどんな人? → こちらをご覧ください♪

カランメソッドって?

講師が同じ質問を2回連続で、しかも早口で生徒へ投げかける(通常の4倍速)。そして、その解答を間髪入れずに「テキスト通り」に答える。というのがカランメソッドの特徴。日本語は介しません。英語だけでレッスンを行うダイレクトメソッド(直接教授法)です。

「テキスト通り」というのは、一般的なQ&Aに対して「答え方が用意してある」ということです。基本的にこの用意された「英語の型」を繰り返し復唱することにより「英語の構文を身につける」レッスンです。時々、個人的な事象や仮定について質問され、自分の意見を述べる時もあります。

カランメソッドのレベルチェックって?

実際にカランレッスンの受講が始まった時に、生徒がスムーズに進めて行けるかどうかをチェックする為に行われるテストがレベルチェックだと思います。

従って、カランレッスン本来の「講師が質問をしたら、生徒はその答えを省略せずに、質問文と同じ単語・文法でフルセンテンスで答える」ことが要求されます。更に、「質問に対して解答が否定文となる場合はNoで答え始め、その後に肯定文を加えて答える」ことも要求されます。短縮形を使うことも意識しなければいけません。

★フルセンテンスで答える
★短縮形を使う:例1)I am→I’m 例2)The table is→The table’s
★可能な限り回答は否定で始め、肯定文で答える

例えば、室内のイラストを提示されて次のような質問を投げかけられたとします。

    Teacher

例:Are there three clocks on that wall?

そして、イラスト内には掛け時計が1つだけあったとします。

模範解答例)No, there aren’t three clocks on that wall; there’s one clock on that wall.

引用元:Robin Callan, CALLAN METHOD Student’s Book Stage 1, published by CALLAN METHOD ORGANIZATION LTD, 2014, Stage1 #24

しかし、私は受講前に解答ルールを理解しておらず、下記の様に答えていたと思います。(涙)

AKIKO先生
AKIKO
 

No, not three clocks. Well, I see just one over there.

さらに、他の質問には自分の気持ちも含めた解答をしていました(苦笑)。解答速度も今思えば少しゆっくりだったのかもしれません。そうすると、やはり今後のカランレッスンのステージを進めて行く上で、受講方法を正確に理解出来ていないことになるわけですよね。

結果、私はStage1からの受講が決まりました。

もともと、Stage1~Stage12までの全ステージ内容に興味があり網羅したかったのですが、実際にレベルチェックテストでStage1の判定を受けると、「えー、ショックだなー。私のレベルはStage1なの?!」とはじめはがっかりしました。

ですが、Stage12を終えた今となって思い返せば、ショックなんて全く受ける必要は無いし、むしろ全ステージを経験できて、指導方法から受講方法までも全ステージ分が把握できて非常に満足しています。

さて、これからカランメソッドのレベルチェックを受けてみようかな?と思われている方、または、私のように、既にレベルチェックを受けてStage1の判定を受けたことにショックを受けている方がいらしゃったら、全く落ち込む必要がないです!! これから、その理由を説明しますね。最後までお読みいただき、今後のカランレッスン継続に意欲が出てきて、更にやる気がみなぎることを願っています♪

理由1:英語特有のリズムに神経を集中させることが出来る!!

この記事を読まれていらっしゃる方は、今まで学生時代を含め英語学習に多くの時間を費やした方だと思います。ですから、カランメソッドStage1の英文を読めば内容理解は簡単だと思います。しかし、読めて理解できる英文でも、「同じ英文を復元して発話する」となるといきなり難しくなるんです。

なぜ?それは、我々日本人、特に昭和~平成生まれの世代は習った英文法をテスト形式(ライティング)でアウトプットはしていたものの、発話形式(スピーキング)としての瞬間的なアウトプット練習が極端に少なかったからなんですね。

※「ちょっと、英語の構文理解が苦手だな。」と日々感じている方がStage1判定を受けたのでれば、基本英文構造からじっくりと学べて尚ラッキーです。

要するに、

Stage1のテキストは、読めば簡単に理解できる英文が満載。そのため、講師から4倍速で話されても意味理解がしやすく、発話練習を繰り返しやすい。つまり、英語特有のリズムに神経を集中させることが出来る最高の教材レベルなんです。

ちなみに、意味が分からない音を長時間聞き続けても、脳はその音を雑音として処理してしまいます。だからこそ、簡単だと思えるStage1のテキストを利用すると、日本語を介さずに学習内容を理解できて、英語脳でレッスンを進めていくことができます。その結果、基本定型文の発話練習もスムーズに進み、リスニング力にも磨きがかかり&スピーキングの瞬発力がどんどん身に付いていくんですね。

ほら、Stage1からはじめて良かったと思いませんか♪

理由2:TOEIC900点以上のスコアを持っていてもStage1の判定を受けている!!

私はカランメソッドを「ネイティブキャンプ」で受講しました。ネイティブキャンプでは、会員さん達が英語の学習方法や英会話習得に関する悩み、モチベーション維持の為の工夫等を意見交換する場所として「ネイティブキャンプ広場」を利用することができます。

その中で、Stage1から始めて結果的に良かったと言われている方々がやはりいらっしゃいました。得に興味深いのはTOEIC900点以上取得者の方でもStage1判定を受けているということです。理由はやはり、

1.カランメソッドは自由会話ではなく独自の応答方法があり、そのスタイルに慣れていなかった。
2.読めば理解できる簡単な文章でも、いざ発話するとなるとスラスラ言葉としては口から出てこない

この点に引っかかるのではないでしょうか?

スピーキングの瞬発力をつけるトレーニングとして、TOEIC高得点取得者(上級者)にとっても、Stage1から登っていく意義があるということです。どうですか?皆さんも、やる気が出てきましたか?

詳細はこちらから

理由3:全ステージをクリア―して、今のレベルをStage12にする!!

ここが一番大変なところかと思います。カランメソッドは自由会話はできないので、基本は、発話トレーニングのシャドーイング・オーバーラッピングと音読練習なんだと割り切って地道にステージを登っていかなければ最終ステージにたどり着きません。

カランメソッドレッスン内ではテキストは見ずに、
シャドーイング:講師の後から続けて同じ英文(音)を復唱する
オーバーラッピング:講師と同時に同じ英文(音)を発話する
※時々Yes?No?の2択や、自分の意見を答える問題に答える
残りの約3分~5分間はテキストを見て、
音読練習

レッスンの内、模範解答のあるQ&Aだけではなく、Yes?No?の2択や自分の意見を答えるQ&Aもあるのですが、ステージが上がるにつれて頻度多く出てくるようになります。ここで、瞬間的に自分の意見を言えるようになっているかどうかは、各ステージで基礎固めした英文構造を、瞬時に発話出来るように身に着けてきたかどうかにかかっていると思います。

要するに、カランメソッドは、「今までは知識として理解してきた英語構文を、瞬時に発話出来る英語へと変換する訓練」だったわけですね。

カラン機構 (Callan Method Organization)は、およその目安としてCEFR Levelとの対照表をカランテキスト内に掲載しています。以下の通り。

引用:https://callan.co.uk/

最終的にStage12までを終了するとCEFRのC1レベルには達していることになります。
※CEFRとは?気になる方は他の記事で紹介しています。よろしければご覧ください。

カランメソッドで重要なことは、「いかに継続できるか」にかかっています。

発話トレーニングに疲れてしまう時もあるかと思います。つまらないと感じてしまう時もあるかと思います。しかし、長い道のりの後に全ステージを網羅できたことは「英語学習の財産」になります。「Stage1から受講できて得をした!!」と必ず感じられます。

スタートのレベルは気にせずに、Stage12レベルまでをクリアしてC1レベルを手に入れましょう!!

カランメソッドをまだ試したことが無い方は

私が受講したオンライン英会話スクール【ネイティブキャンプ】を紹介します。※受講料金や受講方法等、その他の詳細は下記からお確かめの上、まずは無料体験レッスンを通して体感してみることをおススメします♪

>>カランレッスンが受講できるオンライン英会話【ネイティブキャンプ】※カランレッスンは予約が必要です。
まずは無料体験

まとめ

いかがでしたでしょうか。カランメソッドのレベルチェックを受けてみようと思われている方、また、すでにレベルチェックは受けたけれどStage1の判定を受けてショックを受けた方、是非Stage12をクリアして現在のレベルをStage12にしちゃいましょう♪

ご自分に合った受講方法で、日常のレッスンにカランメソッドを継続して取り入れることをおススメします。

他にも、カランメソッドの体験談を記事にしています。気になる記事がありましたら、是非ご覧ください♪

 AKIKO先生
AKIKO先生

パパ・ママも英語力を上げたいと思われたら、カランメソッドを試してみてはいかがでしょうか。レベルチェック時の判定は気にせずに、最後のステージまで目指しませんか?最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人
AKIKO先生

ハワイ大学で、言語学と第二か国語教授法を学び(BA)学士号取得。小学校英語指導者認定資格、幼児英語指導インストラクター資格保有者。英語は楽しい!! 是非、パパ・ママが子供と一緒に楽しく英語学習に取り組む方法や、英語お役立ち情報を、皆さんとシェアしていきたいです!

AKIKO先生をフォローする
オンライン英会話【Callan Method】カランメソッドパパ・ママへ
是非、皆さんとシェアしてください!!
AKIKO先生をフォローする
パパ・ママ英語教えて!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました