お子さんの英語講師選びに迷われた時は、こちらをご覧ください!!

【第2回】公立小学校で英語絵本の読み聞かせ! パパ・ママにも読み聞かせのヒントあり!!

こちらの記事は、英語絵本の読み聞かせをしたい、パパ・ママ必見!!
使用教材対象者(お子さんの年齢と英語のレベル)
✔年齢:小学生~
✔レベル:初級者~上級

英語の絵本の読み聞かせって難しそう、ネイティブのような発音が出来なくても、読み聞かせをして良いのだろうか、、、

と悩むパパ・ママはいらっしゃいませんか?

今回、私が公立小学校で絵本の読み聞かせボランティアをした様子をご紹介します。今月は12月。クリスマスにちなんだ絵本1冊『Christmas is…』を用意しました。

AKIKO先生
AKIKO先生
 

こんにちは。英語講師のAKIKOです。公立小学校英語絵本読み聞かせボランティアもしています。実際に読み聞かせをするにあたり、準備から、読み聞かせのポイント子供達の反応等まとめました。是非、お子さんに読み聞かせる際の参考にされてくだされば幸いです。記事を書いているこの先生はどんな人? → こちらをご覧ください♪

公立小学校での読み聞かせボランティアとして

今学期(2021年9月~2022年3月)、公立小学校での読み聞かせボランティアをしています。今月12月に私の第2回目の読み聞かせが行われました。

私は、毎回英語の絵本を読み聞かせています。子供達がどのような反応をするのかワクワクしながら、準備に取り掛かりました。

第2回読み聞かせ

  1. 対象:小学5年生(約30人のクラス)
  2. 時間:朝の10分間
  3. 読み聞かせ方:プロジェクター
  4. 読み聞かせ月:12月

上記の条件で、「小学5年生が興味を持ち、今の季節に合った内容で、そこから何かを学べて、尚且つ10分間楽しめる12月の絵本はどのようなものだろうか?」と考えました。

何を準備したの?

以下のタイムテーブルの通りに、読み聞かせ当日までに準備をしました。
  • step1
    絵本選び
  • step 2
    時間配分どの本をどのように読むか?
  • step 3

    翻訳して日本語訳を書き出す

  • step 4
    英文音読練習

それでは、詳細を1つずつ説明しますね。

絵本選び

今月は12月。12月といえば、12月24日がクリスマスイヴ、そして12月25日はクリスマスですね。ですので、「今月は絶対クリスマス関連の英語絵本を読み聞かせるしかない!!」と思いながら、加えて、小学5年生が楽しめる絵本としては「絵本でありつつ、内容面でも何か学びにつながるものがいいだろうなー」と思い、幼児から小学生まで楽しめる

  • 『Crhistmas is…』 by Gail Gibbons
    Publisher: Holoday House.Inc 


Christmas Is…

の1冊に絞って準備をしました。

この本は題名通り、「クリスマスとは…何であるか?」という疑問に対し、イエス・キリストの誕生から今日に至る背景について順を追って分かりやすく書かれたものです。挿絵も素敵で、絵を見るだけでもクリスマスの楽しい雰囲気を感じる事が出来る一冊です。

時間配分・10分以内に読み終えられるか?

さて、今回選んだ本を10分間でどのように読めばよいのか考えます。本を読み始める前に、生徒の心をつかむ前振りを入れて、本を読み、そして最後に感想を聞くなどして読みたいと思います。果たして、10分以内に読み切れるのでしょうか?

前回もご紹介しましたが、英語絵本を以前読み聞かせた人から、「英語で絵本を読み聞かせると、意味が分からなくてつまらないのか、歩き回って聞いてくれない生徒がいた」というお話を聞きました。

確かに、、、

理解出来ない音をずっと聞かされるのはつまらないですよね。では、それを飽きさせないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、、、、絵本の内容日本語でも読んであげる必要があるのではないかと私は思います。

ということで、今回も『Christmas is…』を読む際、私は意味の区切りである、句・節・文の節目の内、意味分かりやすい節目に、日本語訳挟んで読む事にしました。(このような読み進め方をスラッシュリーディングと呼びます)そして、今回の本は28ページに渡るので、初めから最後まで、一度だけ通しで読もうと思います。

翻訳して日本語訳を書き出す

英文の後に日本語訳も入れて読む練習をしよう」と決めたので、当日すらすら言葉が出るように、日本語訳を書き出すことにしました。

パパ・ママが読み聞かせをする際に、

日本語訳も合わせて読んであげたい。だけど「自分の訳す日本語は正しいだろうか?」と不安に思われる方がいるかもしれません。

その場合は、短い内容の絵本でしたら、全文をインターネット上の翻訳サイト等に打ち込んで、日本語に変換して使うことも出来るかと思います。(ただし、翻訳サイトで変換した文章は時々変な日本文になり、意味がよく分からない内容になる事もあります。その時は、ちゃんと意味が分かる文章に手直ししてから使ってくださいね。)

英文音読練習

それでは、必要なものは全て揃いましたので、実際に音読練習をします。

こちらの音読練習に対しても、「自分の英語の発音は正しいのだろうか?」と不安に思ってしまう方は、無料音声読み上げサイト音読さん』や『Natural Reader』等を利用すれば、その不安は払拭できます。サイト内に音読練習したい内容の英文を入力すると、英語で全て読み上げてくれます。そして、英語特有の発音とリズムを、真似して口ずさむ事で、話し言葉のアクセントが身についてくるので、パパ・ママのスピーキング力のアップにもつながります♪
更に、音読練習するにあたり注意する事は!!
 
本来、読み聞かせで注意することは、声の抑揚を変えないことだそうです。淡々と読むことにより、読み手の気持ちを押し付けることなく、聞き手に自由な感情や想像力を持たせることが重要であるからだそうです。
 

ですが、英語の読み聞かせの場合は、

むしろ声抑揚をつける事おススメします。

なぜ???

それは、まず、生徒達は、絵本に出てくる英単語の意味をほとんど知らないので、抑揚のない音だけ聞いても何を話されているのかイメージすることが全くできません

絵本の中の絵を指さすとともに、声に抑揚をつけて読み聞かせる。そして、おこさんの興味を引くように意識しながら読みすすめる読み方が重要だと思います。

今回の読み聞かせの対象は5年生でしたので、子供たちが今後「自分で英語の本を読み始めたい」と思わせる動機付けとして、今回は文字を指さしながら、そして時折絵を指さしながら読み進めていくことが重要と考えました!!
※文字を指ささず絵だけを指さしながら読みすすめた方が効果的なお子さんは?前回の第1回読み聞かせをご確認ください。
 
今回は、28ページ(各ページ内に約3文程)の為、英語→日本語と訳しながら読んでいく読み方をすると、13分かかってしまいます。うーん、なんとか後3分以上削らないと当日の読み聞かせ時間内に終わらなくなってしまいそうです。どうしましょう?早口で読むのも良くないし、、、

当日の読み聞かせ

結局、当日の朝、教頭先生に「読み聞かせの時間を少し長くしても可能かどうか?」聞いてみることにしました。すると、5分延長が認められたので、少し早口で読み進めれば、なんとか全てのページを読み聞かせられることになりました。

初めに教室に入り、自己紹介をした後に、クラス全体に質問を投げかけてから読み聞かせをスタートしました。

『Christmas is…』の読み聞かせ

AKIKO:今月はクリスマスがありますね。今回はクリスマスにちなんだ英語の絵本を持ってきました。ジャジャーン。では、ここで質問。「英語、好きな人?
生徒:(数名が手を挙げる。)
AKIKO:「では、英語が苦手だなーって人?
生徒:(かなりの人数の手が挙がる。)
AKIKO:「そうなんだー。英語、難しいと感じちゃってるかな?」それでは、英語だけ読んで、皆に、「つまんない!何言ってるか分からない。」って思われないように、今日は英語の後に続けて日本語も一緒に読みます。でも、英語→日本語に言い換えるのって結構難しいので、1人で読み進めると多分途中で日本語が分からなくなっちゃうと思うの。そんな時は皆に助けを求めるので、「皆、いい?最後まで一緒に集中して聞いてくれると嬉しいです。」では、始めます。

本の内容に「manger(飼葉桶)」という単語が出てくるのですが、「飼葉桶」自体馴染みのない言葉だと思ったので、一文読み聞かせた後に、

AKIKO:「ところで、飼葉桶って知ってる?」と生徒皆に問いかけると
Students:「」とほとんどの生徒さんが首をかしげていたので、
AKIKO:「飼葉桶ってね、牛や馬が食べる餌用の草をためておく桶の事なんだよ。」と絵本の絵を指さしながら説明。すると、納得したように、
Students:「へー

という声が聞こえました。そして、やや早口でなんとか最後のページまで読み終えると、読み聞かせの終了時間となりました。残念ながら最後に感想を聞いたりする時間は取れずに、

AKIKO:「それでは、皆、楽しいクリスマスを過ごしてくださいねー。」と言い終了

『Christmas is…』生徒の反応

■結果
5年生は落ち着いていますね。最初から最後までしずかに話を聞いてくれました。「高学年の反応を読むのは難しいなあ」と思いましたが、真剣に聞いてくれている姿が見られたので、何かを感じ取ってくれたはず!! 後日、感想を聞いてみようと思います♪

まとめ

とにかく、大人から絵本を読んでもらう時間が子供は大好き。そして、やはり意味が分かる内容を聞くことで楽しさが増すのだと感じました。

今回は高学年に向けて英語の本を読み聞かせましたが、英語に対して既に苦手意識を持っているお子さんが多いということが「残念だなぁ」という印象と、

苦手意識を払拭させるためには、やはり英文の音を導入する際には、意味の分かる音として相手に届かなければ、「英語の苦手意識を更に増加させてしまうことになりかねない」と感じました。今回は、

  1. 英語→日本語の読み聞かせをすることで、本の内容をしっかりと知ってもらえた
  2. 「英語ってこうやって読むんだ」という体験をしてもらえた事(意味の区切り毎に訳すスラッシュリーディング//を採用しました。)

を通して、英語の絵本を楽しんでもらえたのではないでしょうか?

パパ・ママにおきましても、

パパ・ママが英語で読み聞かせてくれれば、その事自体に価値があり、子供達は英語の楽しさを知ることが出来ると思います。パパ・ママが、「完璧な英語の音にこだわらずに、他の言語で話す姿を見せてあげることが大切なのではないでしょうか。

このように、2回目の読み聞かせは無事に終了。次回も楽しい絵本の読み聞かせをご報告したいと思います。

今回読み聞かせに使用した本等

今回使用したクリスマスの絵本。クリスマスとはどういうものなのか?という内容が書かれています。

毎年読み聞かせられる、特別な絵本としてお家に1冊飾っておきたい方はこちらから↓

絵本と一緒にクリスマスソングも聞かせたいという方はこちらもおススメです。↓

 

AKIKO先生
AKIKO先生

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

最後に、パパ・ママのブレイクタイム

この記事を書いた人
AKIKO先生

ハワイ大学で、言語学と第二か国語教授法を学び(BA)学士号取得。小学校英語指導者認定資格、幼児英語指導インストラクター資格保有者。英語は楽しい!! 是非、パパ・ママが子供と一緒に楽しく英語学習に取り組む方法や、英語お役立ち情報を、皆さんとシェアしていきたいです!

AKIKO先生をフォローする
英語絵本の読み聞かせパパ・ママへ
是非、皆さんとシェアしてください!!
AKIKO先生をフォローする
パパ・ママ英語教えて!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました